+紅屋+
日頃の何かと、電脳世界の話。
08 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930» 10

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--)--:-- *
* スポンサー広告 * * *
 ひとーつ、ひとーつ。
ひとーつ、ひとーつ
しんぱいなことひとーつ。
ひとーつ、ひとーつ
ふあんなこともひとーつ。

それはかいけつするのかな?しないのかな?

「ムリムリッ><」

そこはほらダメにんげん。
ちにあしがくっついちゃった;;

どうしたらそこまであるいていけるかな。
…てかしてくれないかな?


いっしょにあるいていきたいんだけどな。
ちょっとふあん、ちょっとしんぱい。

どうしよう、どうしよう。


スポンサーサイト
* 2005/12/20(Tue)00:00 *
* 言の葉 * trackback:0 * comment:0 *
 たかが、されど。
そんなことで振り回されるなんて

自分ってまだまだコドモだよね。



でも仕方ないじゃない?

そんなことが気になるんだから。






もやもやな気持ちなまま眠るのはイヤだけど

体は悲鳴をあげかけているので眠ることにします。

おやすみなさい・・・

* 2005/12/15(Thu)00:00 *
* 言の葉 * trackback:0 * comment:0 *
 そっちに行っても

意味ないよー。

…だって行き止まりだもの。


いつの間にか目の前の道は壁に変わったね。

右?

左?

あっ、後ろも壁だ。


・・・


どうやってここに来たんだっけ?

…それすら忘れちゃった。


そろそろ頭の上にも壁出来るかもね。

* 2005/11/28(Mon)00:00 *
* 言の葉 * trackback:0 * comment:0 *
 闇の泉



闇の泉



酷く透明なその世界を 僕は闇色で塗り潰す

ソウスルコトデシカジブンヲアラワセナイ―

そうして湧いた黒い泉に 僕は一人身体を委ねて

ジブンノカラニトジコモルコトデシカ―

最後に残る欠片の空へ手を差し伸べても 

アナタニスガリタクナルケド―


「そう、僕は飲まれてゆくの。」


―スガレナイワタシヲユルシテクダサイ―


*続きを読む*
* 2005/10/11(Tue)12:00 *
* 言の葉 * trackback:0 * comment:0 *
* +紅屋+ *

 PROFILE

紅屋 紅(H.N)

  • 紅屋 紅(H.N)
  • 多分年齢不詳、何故か「ねーさん」と呼ばれることが多し。
    現実世界は常にフラフラと派遣と彼氏んちを行き来するのが日課に。
    電脳世界ではラグナロクに出没。
    (激重鯖在住)
    メインは↑の支援プリ(Lv98 I>D>>V)
    キャラ名は明かしません、
    どこかでいつか出会えたら。

    *好*
    B'zとコーヒーとチョコレィトとRO。
    友人と家族と可愛いコ。
    *嫌*
    相変わらずな自分の性格。
    常識の欠片もない人。
    ゴ○ブリ。
    *愛*
    私と付き合ってくれてる彼氏(ぉ

                    Admin



 R-COMMENTS


 SEARCH



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。